坐骨神経痛とは

 「坐骨神経痛」というのは実は病名ではなく、「何らかの原因により坐骨神経が傷むことで腰~脚にかけて痛む症状」を表す名前です。

 つまり原因としての疾患があって、あくまでその症状として坐骨神経痛が出るのです。

 ではまず、坐骨神経について簡単に説明したいと思います。

 坐骨神経は腰椎の第4,5番目の神経と仙骨の第1~3番目の神経からなります。
 坐骨神経の太さは、1.6~2cmとも言われ、とても太い神経です。

 坐骨神経は脊椎から出た後、梨状(りじょう)筋というお尻の筋肉の下を通って太ももの後ろへと続き、その後膝の後ろあたりから二本の神経に分かれて、足の裏まで続きます。

 かなり太くて長い神経です。

 坐骨神経痛の原因疾患には、腰椎椎間板ヘルニアや変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症などの疾患や、梨状筋症候群などの疾患があります。

 つまり病態を簡単に言うと、

  •  ・神経が脊椎から出る部分に病態があって圧迫される
  •  ・脊椎から出る部分は問題ないが、筋肉の間を通る部分で圧迫される

 という二つのパターンに大きく分けられます。

 症状としては、腰~お尻にかけての痛み、太ももにかけての痛み、足先にかけての痛みなど、広い範囲に及ぶこともあります。これは、坐骨神経がとても長い神経であるため、色々なところに症状がでやすいのです。また、痛みだけでなく感覚が鈍くなったりしびれが出ることもあります。

 治療としては

  •  ・内服薬や座薬などの薬物療法
  •  ・ブロック注射

なども挙げられますが、坐骨神経痛の症状がある方の多くに、やはり腰周りを中心とした動きの悪さを認めます。
  したがって、薬などを使って一時的に症状が改善したとしても根本としての動きの悪さは残ってしまうため、症状が再発しやすくなってしまいます。 

つまり、適切なコンディショニングに整えることがとても重要になってくるのです。

スポーツドック福岡では

 カラダの不調でお困りの方で問題となりやすいのは柔軟性の低下や姿勢・動作パターンの悪さです。
スポーツドック福岡では予防的観点からカラダの問題点を改善するコンディショニングをご提供します。

ぎっくり腰でお困りだった40歳女性

 ぎっくり腰をくり返し、医者から処方される薬だけではなく何か自分で予防できないかと思い、ネットを通じてこちらを知り、通うことにしました。
 とても親切にして下さり、自分の腰痛の具合に合わせて施術して下さるのでとても良かったです。あと、自宅でするストレッチを私に合わせて教えて下さったのでとても良かったです。

肩・首・腰の凝りでお困りだった44歳男性

 20年以上、肩・首・腰の凝りに悩んできました。今まで様々な整体・マッサージ・整形外科・カイロプラクティックを受けてきましたがあまり効果がみられず、その場のリラクゼーション的なものが多かったです。
 しかし、スポーツドックさんで施術して頂いてからは1回ごとに効果が表れ、的確な指摘(指導)を頂き自宅でストレッチすることで体の柔軟性も出てきて大変助かっています。

BASICコンディショニング
カラダのプロによるボディケアBASICコンディショニングについてはこちら

ご来室の皆さまの地域

スポーツドック福岡には、福岡市内はもとより様々な地域からご来室頂いています。

福岡市中央区・博多区・東区・早良区・西区・南区
糟屋郡・北九州市・飯塚市・宗像市・筑紫野市・大野城市・久留米市
大阪府・広島県・山口県・佐賀県・熊本県・長崎県・大分県・宮崎県・香港

▲ TOPへ