ジョギングでの膝の痛み・ランナー膝

 スポーツドックに来られるランナーさんたちの多くが悩まれている膝。
 今回はランニング障害でよくみられる「膝の痛み」について、その原因、対処法、治療などをお話しします。

様々な「膝の痛み」
 「膝の痛み」と一言で言っても様々なタイプがあります。
 膝蓋骨(膝のお皿)の真下が痛くなったり、内側が痛くなったり、外側が痛くなったり・・・。膝の裏が痛むこともあります。

 これらの痛みは病院を受診すると「膝蓋腱炎(しつがいけんえん)」「鵞足炎(がそくえん)」「腸脛(ちょうけい)靭帯炎(別名:ランナー膝)」「膝窩(しつか)筋腱炎」「半月板損傷」など、様々な診断名がつきます。疾患によって色々な状態になってしまいますが、 今回はこういった疾患になってしまう原因(体の仕組み)、そして治療・対処法についてお話しします。

knee_3d

膝を3方向から見た図。膝には筋肉や靭帯、腱など多くの組織が存在する為、色々な部位に痛みが生じやすい。

 何らかの急激なストレス(ぶつかった、捻ったなど)を原因とする場合を除いて、ジョギングをきっかけに痛みが出る場合、繰り返しのストレスが局所にかかり続けることで膝の痛みを誘発します。
 つまり、本来はストレスをバランスよく分散させなければいけないところを、一か所に集中させてしまうことで痛みに繋がってしまうのです。ジョギングの際には体重の何倍ものストレスが脚にかかりますので、そのストレスが一点に集中すれば、どうしても膝を痛めてしまいます。
 ではこのようになってしまう原因は何なのでしょうか?

膝を痛める3つの原因

原因には3つ挙げられます。

  •  1.ランニングフォーム
  •  2.柔軟性の低下
  •  3.体重(肥満)
    •  ここではランニングフォームについて説明します。

      障害に繋がりやすいランニングフォーム

       膝の痛みが出る方の走り方、歩き方を見ると、やはり膝に負担がかかりやすいフォームをされています。

       具体的には

      •  ・蹴りだしの際に股関節を使えず膝や足首で蹴りあげてしまう
      •  ・接地位置が過度に前方になっている
      •  ・肩甲骨~腰のしなやかさに欠ける

      といったフォームです。このようなフォームになると、どうしても膝に負担がかかり痛みが出やすくなってしまいます。

       肩甲骨・骨盤・背骨の動きに着目してランニングフォームの解説をしていますので、この動画をご覧ください。
      (音声による解説がありますので音声をオンにしてご覧ください)

      ランニングフォームを改善する為に必要な3つのこと
      無酸素性作業閾値を知ってバテない走りに繋げる(自動計算フォームあり)

      ランナーの皆さまへ

       スポーツドック福岡ではカラダと動きのプロフェッショナルがランニングフォーム指導スポーツコンディショニングをご提供します。

      BEFORE / AFTER

       実際にフォーム診断・指導を受けられたランナーの皆様です。

      対象

      • ・正しいフォームを手に入れたい方
      • ・故障を防ぎたい方
      • ・記録を伸ばしたい方

      フォーム指導を体感された30代女性

       ネットでいろんな情報を調べて自己流でフォーム改善に取り組んでみたけど、色んな説があり結局どれを信じていいのか分からず行き詰っていたところで、こちらに伺いました。結論としてはもっと早く来ればよかったと思いました。
       「ここが出来ていないから、こういうイメージで動きましょう。」という指導はネットでは出来ないし、直接教えて頂いて有り難かったです。
       2時間でびっくりするくらいフォームが変わったのは本当に驚きました。次の大会では「自己ベスト更新するぞ!」とヤル気になりました。

      コンディショニングを受けられた27歳男性

       長年ランニング時のヒザ側面の痛みに悩まされていましたがアドバイス頂いた事を実行することで痛みもなく気持ち良くランニング できるようになり満足しています。
       今後もランニングフォーム等の指導頂くため定期的に通いたいと思っています。

      他にも多くのご感想を頂いています。下記リンクよりご覧ください。

      メディア出演

       KBC九州朝日放送「アサデス。」に出演し姿勢の観点から故障しない走り方について解説しました。

      2つのサービス

      REFORM for Runner

      reformbnr01

       ランニングフォームに特化したプログラム。
       ハイスピードカメラを使ってフォームを分析し、パフォーマンスアップ、ランニング障害予防に繋がるフォームの獲得を目指します。

      SPORTSコンディショニング

      reformbnr02

       ランニングに必要な柔軟性の獲得や体幹機能の改善など、カラダの状況に合わせたプログラムをご提供します。
       ランニング時のカラダの不調にも対応しています。

      ご来室の皆さまの地域

      スポーツドック福岡には、福岡市内はもとより様々な地域からご来室頂いています。

      福岡市中央区・博多区・東区・早良区・西区・南区
      糟屋郡・北九州市・飯塚市・宗像市・筑紫野市・大野城市・久留米市
      大阪府・広島県・山口県・佐賀県・熊本県・長崎県・大分県・宮崎県・香港

▲ TOPへ