変形性膝関節症の治療について

概要

 変形性膝関節症は、関節破壊、つまり膝関節の軟骨がすり減ってしまい、骨自体が変形をきたしてしまう疾患です。初期の症状は関節のこわばり程度ですが、次第に膝関節に痛みが出現し、特に動作開始時(立ち上がりや歩き始めなど) に痛みがみられます。進行するに従って膝の曲げ伸ばしに制限がでてきて、正座も困難になります。
 X脚変形の場合には膝の外側に痛みが出ますが、O脚変形の場合が多く、内側の軟骨がすり減って関節の内側が狭くなり、内側に痛みがみられます。また、骨棘(こつきょく)といって骨がとがった形に変形した状態もレントゲンで確認できます。この骨の変形自体は、一度起こってしまうと治るものではありません。ただし、適切なリハビリを行うことで、痛みなどの症状の改善はみられます。

hizaoa

 変形性膝関節症は原因がとくにないもの(一次性関節症)と、原因があるもの(二次性関節症)があります。 日本では一次性の関節症が90%と大半を占めています。二次性のものの原因としては外傷・化膿性関節炎などが挙げられます。

治療

 立った状態や歩く時には、膝の関節の内側にも外側にもバランス良く荷重ストレスがかからないといけません。変形性膝関節症の方では関節の内側もしくは外側のどちらかに、局所的に大きなストレスがかかってしまいます。これは体幹(胴体部分)や股関節の使い方の影響で膝への荷重点が変わってしまうためです。
 下の図は正常例、変形性膝関節症例それぞれの歩行時の左脚での片脚支持期(左脚一本で支えている時期)を表しています。

OAgait

 このような負荷が、歩く度、立ち上がる度にかかってしまうのですから、関節も痛むわけです。実際の治療においては関節破壊の状況にもよりますが、まずは保存療法(薬やリハビリなどの手術をしない治療)で経過をみていきながら、どうしても改善が見込めない場合には手術療法を行います。

保存療法

 膝関節が担っている機能的役割というのは、重心を上下に移動させることです。そのため、曲げ伸ばしの動きしかできません。肩や股関節のように「膝を外に開く」なんてことはもちろんできませんよね。 若干ねじる動きも起こりますが、極々わずかなものです。そのため、膝のもっと上にある腰椎や股関節、下にある足関節の可動性が低下してしまうことにより膝には大きなストレスがかかってしまいます。臨床で患者さんをみていると、変形性膝関節症と腰痛を併発している人が少なくないのは、運動連鎖(動きの全体的な繋がり)の影響だと考えられます。
 したがって保存療法においては膝関節の可動性・筋力はもちろんのこと、姿勢やその他の部位の機能の向上は必ず行わなければなりません。

手術療法

 手術療法では、年齢・変形の程度などから、骨切り術や人工関節などの手術が選択されます。骨切り術とは、脛骨(すねの骨)もしくは大腿骨(太ももの骨)を部分的に切除することで骨の角度を修正し、関節のストレスを減らす手術です。 人工関節は、傷んでしまった骨の代わりに関節に人工物を入れることで除痛効果を図るものです。

スポーツドック福岡では

 カラダの不調でお困りの方で問題となりやすいのは柔軟性の低下や姿勢・動作パターンの悪さです。
スポーツドック福岡では予防的観点からカラダの問題点を改善するコンディショニングをご提供します。

ランニング時の膝痛でお困りだった27歳男性

 長年ランニング時のヒザ側面の痛みに悩まされていましたがアドバイス頂いた事を実行することで痛みもなく気持ち良くランニングできるようになり満足しています。
 今後もランニングフォーム等の指導頂くため定期的に通いたいと思っています。

膝の痛みでご来室の50歳男性

 ひざの手術の後、痛みと動作のこわさから、歩くのがおっくうになりがちで、ゆっくりとしか歩けない状態が続いていました。
 昨年と今年、こちらのコンディショニングで歩き方の悪い点や姿勢のチェックをしていただく事により、又、自己トレーニングの方法を教えて頂き、以前よりスムースに歩く事ができるようになり、又、運動に対しての恐怖感が少なくなり、とても感謝をしております。

BASICコンディショニング
カラダのプロによるボディケアBASICコンディショニングについてはこちら

ご来室の皆さまの地域

スポーツドック福岡には、福岡市内はもとより様々な地域からご来室頂いています。

福岡市中央区・博多区・東区・早良区・西区・南区
糟屋郡・北九州市・飯塚市・宗像市・筑紫野市・大野城市・久留米市
大阪府・広島県・山口県・佐賀県・熊本県・長崎県・大分県・宮崎県・香港

▲ TOPへ