半月板損傷

こんな症状でお困りの方へ

  • 歩いていると膝が痛む
  • 膝の曲げ伸ばしで痛む
  • 階段の上り降りがつらい
  • しゃがむと膝に痛みが走る

半月板ってどんなもの?

hangetu

 半月板は大腿骨(だいたいこつ:太ももの骨)と脛骨(けいこつ:すねのほね)の間にある、コラーゲン線維が豊富な軟骨組織です。体重負荷に対するクッション作用や骨と骨の適合性をよくするために存在します。

半月板損傷の原因・発生機序

 損傷の発生機序には次のようなものがあります。

  • ・荷重した状態で膝にねじれる力(回旋ストレス)が加わる(靱帯損傷に合併することあり)
  • ・加齢に伴って半月板が変性してしまう(半月板の後ろ側を痛める事が多い)

 つまり、スポーツ活動中の外傷によって発生するのが前者、加齢に伴って「何だか最近膝が痛くなってきたな・・・。」という具合で生じるのが後者の場合です。

 加齢による変性というのは、長年荷重ストレスがかかり続けることで半月板が摩耗し、徐々に傷ついていきます。また、そのような状態にあると、大した外力でなくても“少し膝を捻った”などちょっとした外力でも損傷することもあります。

半月板損傷の症状は?

 症状としては、荷重時痛(体重をかけた状態での痛み)や圧痛(押さえての痛み)、膝くずれ(急に力が抜けてしまう)、ロッキング(半月板が関節内で挟まって膝の曲げ伸ばしが障害される)などがみられます。また、明らかな受傷機転がある場合には、 急性期には関節血症(関節内に血がたまること)があります。加齢による変性断裂の場合には、慢性的な関節水腫(関節内に水がたまる)がみられます。

治療について

 治療は大きく分けて二つ、保存療法(手術をしない治療)と手術療法があります。手術の適応としては、保存療法で改善が見られない場合や、ロッキングが強い場合には手術療法が選択されます。
ここでは保存療法についてご説明します。

保存療法(手術をしない治療)について

 膝関節は股関節と足関節に挟まれた関節であり、膝自体の機能はもちろんですが、股関節・足関節も含めた下肢全体の機能を保存的に改善することによって症状が軽減することが多くあります。
 また、半月板はクッション作用を果たしており、手術によって取り除いてしまうと荷重する度に骨同士がぶつかり続ける為に、若いうちに手術で取り除いてしまった場合、年をとってから膝の変形に繋がってしまう場合もあります。
 こういった理由から、半月板損傷に対する治療の第一選択としては保存療法となります。

 膝関節で行われる主な動きは曲げ伸ばしであり、下肢全体としてのネジリの動きは股関節や足首によって行われます。しかし、股関節・足首の機能が低下することで、このネジリのストレスが膝にかかってしまい、半月板を損傷してしまうのです。
 したがって、治療においては膝関節の可動性・筋機能の改善はもちろん、股関節や足部などの機能改善などを行うことで膝関節へのストレスを分散させることが重要となります。

スポーツドック福岡では

 カラダの不調でお困りの方で問題となりやすいのは柔軟性の低下や姿勢・動作パターンの悪さです。
スポーツドック福岡では予防的観点からカラダの問題点を改善するコンディショニングをご提供します。

2つのサービス

BASICコンディショニング

conditioning

 日常のカラダの不調を整えたい方のための一般向けプログラム。
 姿勢や動きのクセがカラダの不調に繋がりやすい状況をつくりがちです。あなたのカラダの問題点を見つけ、的確にメンテナンスします。

SPORTSコンディショニング

reformbnr02

 スポーツでの故障を防ぎたい方、スポーツパフォーマンスを上げたい方の為のプログラム。

 カラダの状況を整え、あなたに最適なトレーニング法を提案します。

ご来室の皆さまの地域

スポーツドック福岡には、福岡市内はもとより様々な地域からご来室頂いています。

福岡市中央区・博多区・東区・早良区・西区・南区
糟屋郡・北九州市・飯塚市・宗像市・筑紫野市・大野城市・久留米市
大阪府・広島県・山口県・佐賀県・熊本県・長崎県・大分県・宮崎県・香港

▲ TOPへ