鼠径部痛症候群

鼠径部痛症候群についてのお話です。

概要

 鼠径部痛症候群は、鼠径部(脚の付け根)付近に生じる痛みの総称で、直接的な原因となる病態の同定が難しいものを言います。つまり、明らかな筋肉の損傷や疲労骨折などの病態の断定が難しく、鼠径部に痛みが生じるものです。

groinpain
鼠径部(青で囲んだ部分)には多くの組織が存在し、過度のストレスがかかることで痛みを生じる。

 サッカー・陸上・ラグビーなど、「蹴る」「走る」「ステップする」などの動作が要求されるスポーツで多く発生します。
 原因としては体幹・股関節周囲の柔軟性低下や筋の機能性の低下がある状態で、キック動作などの股関節にストレスがかかる動作を繰り返すことで鼠径部に集まっている筋肉の付着部などに負荷が増大し、慢性的な痛みに繋がると言われています。

治療

 上記のように、鼠径部痛症候群は体幹・股関節の機能低下によって引き起こされると考えられており、その状態が持続することで慢性化しやすい疾患でもあります。
 重要なことはまず体幹・股関節周囲の柔軟性をしっかりと改善することです。痛みが局所的にあるからと言ってその部分のみの柔軟性を改善するのでは、なかなか症状の改善には繋がりません。なぜなら、症状の原因となるキック動作や走動作、ステップ動作などは全身を使った動作であり、全体のバランスが崩れることで局所の痛みに繋がるため、トータル的な柔軟性の確保が重要となります。
 柔軟性の向上とともに必要なことが、体幹の安定性・動作性の改善です。柔軟性を向上させることで「運動の幅」ができますが、その幅の中でいかにハイパフォーマンスで障害に繋がりにくい身体操作を行うか(自分で動きをコントロールするか)が重要になってくるからです。

スポーツドック福岡では

 カラダの不調でお困りの方で問題となりやすいのは柔軟性の低下や姿勢・動作パターンの悪さです。
スポーツドック福岡では予防的観点からカラダの問題点を改善するコンディショニングをご提供します。

SPORTSコンディショニング
障害予防・パフォーマンスアップに繋げるSPORTSコンディショニングについてはこちら

ご来室の皆さまの地域

スポーツドック福岡には、福岡市内はもとより様々な地域からご来室頂いています。

福岡市中央区・博多区・東区・早良区・西区・南区
糟屋郡・北九州市・飯塚市・宗像市・筑紫野市・大野城市・久留米市
大阪府・広島県・山口県・佐賀県・熊本県・長崎県・大分県・宮崎県・香港

▲ TOPへ