足がつる原因と対処法

「運動中に足がつった」
「夜中寝ていて足がつった」
 
 皆さん一度は経験があるのではないでしょうか。
 今回はこの「足がつる」「こむら返り」の原因と対処法についてお話しします。

 足がつったときというのは、実は筋肉が痙攣した状態になっているのです。 医学的には「有痛性筋痙攣」と言われます。
 「こむら(腓)返り」とは腓(ふくらはぎ)の筋肉が痙攣した状態を指しますが、 この痙攣が起こるのはふくらはぎに限らず、筋肉であればどの部位でも起こりえます。

原因には
 ①電解質代謝異常
 ②筋肉の疲労
 ③神経疾患
 ④肝硬変
 ⑤循環器疾患
など、他にもさまざまなものが挙げられます。

 人体にはカルシウムやマグネシウムなどのイオンがあり通常はそのバランスが保たれているのですが、脱水状態になったり病気により代謝異常が生じるとこむら返りの原因となってしまいます。

 こむら返りの原因に肝硬変や循環器疾患があるのは意外と思われるかも知れませんが、これらの疾患でも代謝異常が起こるためにこむら返りを引き起こしてしまいます。

 また、運動中のこむら返りは、脱水の影響や、筋肉が疲労することが原因と考えられています。 脊柱管狭窄症など、腰痛持ちの方でもこむら返りでお困りの方は多く、これは神経系の過剰興奮によって起こるとされています。

 ご自身でできる対処法・予防法ですが、もし筋肉がつってしまったら、つった筋肉をゆっくりと持続的に伸ばしてあげましょう。ふくらはぎがつった場合には、膝を伸ばしてつま先を自分の方に引っ張ることで筋肉が伸ばされます。

 また、水分・電解質代謝異常が考えられる場合には、普段から水分(スポーツドリンクなど)を積極的に摂取したり(糖分摂取を制限されている方は医師の指示に従う)、野菜や果物、海藻類、牛乳、小魚などカリウムやカルシウム、マグネシウムなどを多く含むものを摂取しましょう。
 そして、特につりやすい部分は普段から入念にストレッチしておくことも大切です。

スポーツドック福岡では

 カラダの不調でお困りの方で問題となりやすいのは柔軟性の低下や姿勢・動作パターンの悪さです。
スポーツドック福岡では予防的観点からカラダの問題点を改善するコンディショニングをご提供します。

BASICコンディショニング
カラダのプロによるボディケアBASICコンディショニングについてはこちら

ご来室の皆さまの地域

スポーツドック福岡には、福岡市内はもとより様々な地域からご来室頂いています。

福岡市中央区・博多区・東区・早良区・西区・南区
糟屋郡・北九州市・飯塚市・宗像市・筑紫野市・大野城市・久留米市
大阪府・広島県・山口県・佐賀県・熊本県・長崎県・大分県・宮崎県・香港

▲ TOPへ